Road Bike Triathlon Bike MTB Cross Bike Folding Bike Recumbent City Bike







MTB

最初に見たのはハリウッドの映画だったのだろうか、山や丘を自由自在に駆け回る自転車の存在を知ったのは。

岩を乗り越え谷を猛スピードで駆け下りる・・こんな事が出来る夢のような自転車の出現には驚かされたものだ。

今、子供達の多くが乗り回す自転車も多くはこのMTBやクロスバイクスタイルのモノが圧倒的に多い。

初めて自転車に乗る子供達はそれまで徒歩で行けるだけの世界だったのが一気にその行動範囲が広がり、新しい発見へと繋がっていく。自転車の素晴らしさの原点はやはりここだろう。

加えて、僕らが子どもの頃の自転車はただ単に遠くへ楽に移動できるモノだったのが、このMTBの出現は自然を一気に人間たちの世界に引き寄せてしまった。

古い話で申し訳ないが、子どもの頃に大人用の大型自転車を「三角乗り(フレームの間から足を伸ばして、車体を倒し気味に漕いでいく)」や、何という乗り方だったか覚えていないが、サドルにまたがってペダルが上の方に来たときだけに蹴るように漕ぐ乗り方をしていた頃を考えると隔世の感がある。

ましてや最新のMTBのラインアップを見ていると「前後輪ディスクブレーキ」「リンク式のフルサスペンションスタイル」「高品質のアルミフレーム」など、これは本当に自転車の世界なのかと思うほどだ。

ロードでもフェラーリのプレミア付きの自転車がでているが、MTBでも自動車メーカーのBMWがコンスタントに制作を手がけているほどだから、このスタイルの自転車の遊びゴコロにはひとを魅了して止まないものがあるのだろう。

自然を走る自転車としての印象が強いMTBだが、最近はクロスカントリーやフリーライド系のものでそのまま街乗りに使っている姿も大変多く見かけるようになってきた。

考えてみれば、ストレートな舗装道路ばかりでもなく、歩道や段差など結構都会にはラフな条件も多い。オフロードがメインでなくても充分使い勝手は良いと言えるだろう。

遠くへ楽に移動する手段としての自転車から「乗る楽しさ」という新しい付加価値をもたらしたマウンテンバイク。スポーツライドを楽しむ重要なツールとして、このスタイルのバイクはますます魅力を増していくだろう。



当ショップは世界中の著名なメーカー各社をお取扱いしています。ショップ展示がないものも、お気軽にお問い合わせください。